猛暑 7月

覚書です。記録的な猛暑が続き昨年とは違った生活を送っている。藁の加工業としては昨年は曇天続きで相当気をもんだ記憶があります。して今年は晴天が続き体調及び稲の生育にも昨年とは違った状況を迎えています。

通常は天候の状態により毎日作業することが出来ず、作業終了が8月10日頃にずれ込むこともあった。[bしかし今年は7月28日の台風来県により作業中止したものの翌日29日は作業可能な状態になった。

よって生育のスピードが追いつかず。(ある程度の成長した藁が欲しい)好天は好天で悩ましい判断を迫られている。

猛暑といえば、我が家の廊下と洗面所に人感センサーのライトを設置している。その人感センサーが反応しなかった。人感センサーは人間の体温を検知しその熱源が動く事で機能するものだと思う。連日の猛暑でライト周辺の気温が人間の体温以上に上昇し感知出来ない状況になってしまいました。

関連記事