ガラケー

今更ですが、ガラケーにしてみた。管理人はIDOの頃から会社を変えたことがありませんでした。今回初のMNPとやらを体験しました。 全く電話を必要としない生活でスマホはもったいないと感じてたし、一番の動機は○○光。

携帯会社がネット回線のサービスに加入して来てましたが、A様のサービス地域外で気をもんでいたところ。D様のサービスが我がローカルにも適用されたとのこと。

今回。娘との他社からの同時移動とdocomo光への加入。その他いろいろの割引適用で従来の約2万8千円(携帯とネット・プロバイダ込み)料金が1万5千くらいになりました。勿論機器代もほぼ0円です。(お約束の2年縛り)

しかし携帯の契約時ショップのオネイサンがマーカーで色付けしながら説明してくれますが、全く理解できないスピードで契約は終了しました。

管理人は電話はあまり必要としませんが、ネットは欲しい人です。A社でも初のAndroidから使ってます、現在使用中のHTL23もまだまだ現役で使いたいということで

l01gこれまた機器代は1000円位でこれでHTL23もほぼ従来通り使えます。

正確に使えないのは電話とGoogleや銀行系でのワンタイムパスワード発行アプリです。この電話とワンタイムパスワードはガラケーが担うことになりました。

知らなかったのがLINEです、これ携帯の電話番号で管理されている思っていたのですがSIMカードを失ったスマホではLINEが出来ないと思い込んでいました。ところがWi-Fiにより問題なく使えるのです。

ということで2台持ちになったわけですが、考えてみると電話とワンタイムパスワードを使う頻度は低く、自宅・会社ではWi-Fi環境なのでお出かけ時にWi-Fiステーションを持てば従来と殆ど変わらない生活です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください