H8C 修理

壊れたH8Cを修理しました。元記事はこちら

IMAG0200飛行中に突然落ちてきました。他の3つは問題なく動きます。修理は+のドライバーとハンダゴテが必要になります。まず分解

IMAG0185ネジ止めされたプロベラを外すとプロペラシャフトとギヤが外れます。機体の後ろは7本のビスで固定されている(全部外すには28本のビスを外すことになる)

IMAG0188モーターはソケットタイプの固定で簡単に外れます。とても小さなモーターで驚きます。取り寄せいたモーターは何の説明書もなく現物がビニール袋に入って届きます。335円ですから仕方ないですね。

IMAG0189モーターから基板に直接ハンダ付けされていますので古いLINEをおもいっきり切断しますが、色を間違わないように1本1本処理したほうがいいですね。後はカバーを元に戻して完了です。

無事完成し飛行も問題なく出来ました。

 

関連記事

2 個のコメント

  1. 修理ご苦労さまです。
    ところで本体はどこで購入しました?

  2. http://www.surehobby.com/

    やはり335円だけの注文ではすみませんでした。(^_^;)
    QRX350。これで最後にしたいと思ってます。
    本当はPhantom欲しかったんですが、きりないし遊びにしては高すぎます。

    朱雀さんはハマらないと思いますが、空撮面白いです 😆
    あっそれとGoRPO買えないのでSJ4000。。。
    これ全てDriveCafeさんの1本の投稿から始まってますよ

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください