クロスバイク 呼吸法

まだ3年目の素人なんですが、やはり奥が深いクロスバイクです。冬季は殆ど乗りません(乗れません)。4-5ヶ月乗らずになまった体に鞭入れてます。毎年この時期会社の健康診断がありいつもあと少し後にあればと悔いてます。

本題です。私のクロスバイクはビンディングの導入。シートの交換。タイヤの交換。その都度軽快に早く走れています。僅かですが筋力も体力も自転車のスタイルになってきたんだと思っています。

そんな中、坂道・向かい風になるととても苦しくなる。貧脚もあるんだけど”呼吸が苦しくなる”ように思えてくる。自転車は有酸素運動である。わかっていたが何かミスをしているんじゃないかと思った。私は苦しくなると口を開けてたくさん空気を吸おうとしていたように思う。

ネットでの情報からいろいろ試してみた。正解かどうかは分からないが今非常に良い結果が生まれる呼吸法に出会った。

2回吐いて、1回吸う。

空気を吸うのではなく、可能な限り肺の空気を出す意識で腹の腹筋を使って吐き出す。それも2回。そして空気を吸う意識はなくても自然と1回入る。こんなイメージで行っている。腹の腹筋を意識するには口をすぼめ吐く息に抵抗を与えると腹筋がかなり活躍しているのに気づく。

いつも走っているコースだけど平均速度で1.5キロくらい早くなったし、ギヤチェンジの回数も少なくなった。楽に走れるようになったのだ。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク