Lithion2レビュー

私は雨の日は乗りませんし、コーナーも安全に安全に回っていますのでタイヤレビューする資格ないんですけどね。

クロスバイク初心者なりに雑感です。

ESCAPEオリジナルのタイヤはワイヤービード?で今回のLITHIONはケブラービードと呼ぶらしい。前者はタイヤの形状をワイヤーが形成していてホイールからタイヤを外してもタイヤの形をしています。後者のケブラービードはホイールに装着されない状態だと鉢巻みたいな布の帯状態です。(写真撮れてないけど)

最初包装を外した時ビックリしました、布切れた出てきたと思いました。でも何とか装着完了です。全体に柔らかいタイヤの印象です。

他のタイヤとの比較ができませんが、オリジナルのESCAPEタイヤは2000キロくらいまでは小石や路面の状況に気を使いながら走っていました。細かな衝撃がハンドルに伝わるからです。2000を超えたあたりから乗りやすく(細かな振動が消えた)なりました。タイヤ自体が消耗から柔らかくなったのでしょうか?

そんな時からパンクという副作用が現れたと思う。パンク自体は運・不運かも知れないけどタイヤの消耗との関係も否定出来ないと思います。

LITHION2ですが、実測はしてませんが4センチほど小径になるみたいです。それと空気圧が低くなります。勿論サイコンの設定も23Cに変えました。乗って一番感じたのは

  • ロードノイズが少なくなった。
  • 直進安定性が良くなった。
  • 加速感がある

まだ走行距離も少ないのですが、走り出しや坂道での変化は余り感じませんがある程度スピードが乗ると巡航が楽なような気がします。

恥ずかしい話だけど、ESCAPE乗っていて「手放し運転」が出来なかったんです。YOUTUBEなんかだと軽々と手放し運転しているんだけど。。。

それがタイヤを変えた途端に出来るようになりました。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク