こんばいろの湯

那須温泉神社というところにある無料の足湯です。近くには殺生石や鹿の湯などがあり那須温泉を登って町外れになります。先日近くに行ったので入って来ました。

[mappress mapid=”1″]

名所殺生石手前のカーブ左側に鳥居が見え(ここが那須温泉神社)その手間に見える建物がこ

んばいろの湯と入り口に書いてあります。

「こんば」とは地元の方言でカタクリを指すらしいです。

つまり「カタクリ色の湯」ってことになります。

那須温泉神社は那須与一が弓を射る際に祈願したとされる神社だそうです。

写真では見えませんが、右手には鹿の湯があります。

この足湯とても熱いです。数秒入れ思わず引き上げてしましました。

このこんばいろの湯は屋外と屋内に2箇所あり温度も高温と低温があるらしいけど入ってしまったのが高温の湯。しかし地元の人が我慢して入れるよと涼しい挑戦に乗ってしまし1分も入れなかったけど結果はほぼ火傷状態。。。(;_;)ここまで我慢しなくても良いのだが。。。。

でも 体ポカポカ 足はジンジン とても気持ちよかったです。近くにお寄りの際は皆さんも挑戦して下さい。地元のオバちゃんが「熱くねぇ~ょ」と励ましてくれますよ

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. かっちゃん より:

    足が茹で上がっていますね。
    タコなら丁度良い加減の食べごろような・・・(笑)

    国内で唯一だと思いますが沖縄には温泉がありません。
    地下千メーター以上掘削してボイラーで温め直して温泉と称しているホテルがあったかもです。
    硫黄の匂いなんて何処に行ってもないので羨ましい限りです。

  2. haru より:

    そうなんですか~ ないんだ?
    温泉の定義って25度以上で何らかの成分が含んでいる??
    とかだったかと思いますが、日本中(世界中)どこでも出るんだと思ってました。

    私の住む町にも○○温泉とかありますが、殆ど行ったことがありません。近くにあり過ぎてありがたみがないんですよね。

    温泉が多い我が県でも硫黄の匂いが漂うのは数少ないですよ。那須・塩原・川治など昔からある温泉地のみですね。
    後はやはり地下深くボーリングして出てきますので匂いはないのかもですね。