恐るべしGoogleEarth

未だに先行きが見えない日本丸。

計画停電やら仕事のローテーションの不測やら落ち着かない日々が続いています。スマホを使い出してからメッキリデスクトップの電源投入にご無沙汰になっています。
今日久しぶりにソフトの立ち上げを行っていてGoogleEarthがとてつもなく凄いと感じました。

まずは
福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22番地
そうです福島原発の住所です。検索欄にコピーし海沿いへスクロールすると無残にも水素爆発で吹っ飛んだ建家の状況が3Dで見ることが出来ます。
画像の更新日を見ると「2011年3月19日」そうなんです震災の約1週間後の画像なんですね。(いつから閲覧できているのかは不明)。

さらに沿岸を北上してゆくと津波の爪痕が。。。。筆舌に尽くせません。

この情報更新のスピードに日本丸の船長さん追いつけていないと思いませんか?

津波の後に投稿された写真が既に見れます。これも凄いんだけど過去の写真がたくさん見れます。(仙台空港付近のGoogleEarthで画像更新は3月28日)

改めて日本は綺麗な国だと思います。ある海水浴で子供たちが遊んでいる写真がありました。私たちはこの風景を再び見ることが出来るんでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク