東日本大震災

我が家の全員無事を感謝し、被災された方のお見舞い申し上げます。
3月11日震災時は仕事で建物の中でゆっくりした横揺れで悲劇の始まりを体験しました。「直ぐに収まる」との思いは地鳴りと停電で「これは普通じゃない」と思いました。建物からの避難を行う余裕なく(歩行出来なかった)数分後にやっと非常口の確保を行うことが出来ました。
停電で余震の中、携帯は圏外になったけど私のスマホはネットが出来ましたので宮城沖の地震であることを知ったのです。
夕方になり自宅に戻ると思いのほか被害は少なくすみましたが、石蔵が破損。屋根瓦の落下。玉石の崩れ。食器の破損などでした。

落ちた瓦

 

 

 

 

 

 

 

 

崩れた石垣

 

 

 

 

 

 

 

 

日のTVでの悲惨な津波被害、改めてお見舞い申し上げます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください