Analytics

ご存知Googleのサービスするアクセス解析ツールである。1

先日NHKで放映された「グーグル革命の衝撃」を見ていろいろな意味でインパクトがありました。途中チャンネル権を喪失してしまい見ていないところがありますが、検索するとたくさん紹介されてます。

そんな折ホームページアクセス解析ツール「Analytics」を導入した。まだ数日しか経過していない。

アクセスアドレス:http://www..com/analytics/ja-JP/

無料でやり過ぎだと思うし、凄過ぎる。Google Earthもそうだけど凄すぎる。これではやはり叩かれるのが理解できます。とにかく機能の多さにはビックリする。

個人の横の関係までもGoogleのデータバースに蓄積されるんですね。。。。って理解しているなら使うなって声もあると思うけど、知られて困るものもないと思えるし、たぶんもう少し使うと思う。

ただリアルタイムの反映が出来ないのが難点かな?でも凄い解析力です。それも無料でするから猜疑心が湧くんだと思う。以下メニューがご覧のように多岐に渡り私は解説困難です(^-^;

– ウェブマスター向けの概要
– コンテンツの概要
– 目標到達プロセスのナビゲーション
– 閲覧開始ページの直帰率
– 目標のトラッキング
– タイトル別のコンテンツ
ウェブ デザインの情報
– ブラウザのバージョン
– プラットフォームのバージョン
– ブラウザとプラットフォーム
– 画面の解像度
– 画面の色
– 言語
– Java 有効率
– Flash のバージョン
– 接続速度
– ホスト名
すべてのレポート
マーケティングの最適化
固有の訪問ユーザーのトラッキング
– 1 日の訪問数
– 訪問数とページビュー数のトラッキング
– 目標のコンバージョン トラッキング
– 固有の訪問ユーザー数
– リピート訪問数
– 訪問頻度
訪問ユーザー セグメントのパフォーマンス
– 新規訪問ユーザーとリピート訪問ユーザー
– 参照ソース
– 地域
– 地図上のデータ表示
– 利用ネットワーク (会社名)
– 言語
– ユーザー定義
– ドメイン
マーケティング キャンペーンの結果
– キャンペーンのコンバージョン
– ソースのコンバージョン
– メディアのコンバージョン
– 参照元のコンバージョン
– キャンペーンの投資収益率
– ソースの投資収益率
– メディアの投資収益率
検索エンジン マーケティング
– すべての CPC 分析
– AdWords の分析
– AdWords キーワード掲載順位
– キーワード全体のコンバージョン
– クリック単価広告と検索結果のコンバージョン
– キーワード アドバイス
コンテンツの最適化
広告の分析
– 広告全体の A/B テスト
– ソースのテスト
– キーワードのテスト
コンテンツのパフォーマンス
– 上位のコンテンツ
– コンテンツの詳細
– タイトル別のコンテンツ
– 動的なコンテンツ
– 訪問中のページビュー数
– 閲覧時間
ナビゲーションの分析
– 閲覧開始ページの直帰率
– 上位の離脱ページ
– サイト上のデータ表示
– ナビゲーション開始位置
– すべてのナビゲーション
目標と到達プロセス
– 目標のトラッキング
– 目標のコンバージョン
– 目標到達プロセスのナビゲーション
– 目標到達プロセスの放棄率
– 目標パスの解析
– 目標の確認
ウェブ デザインの情報
– ブラウザのバージョン
– プラットフォームのバージョン
– ブラウザとプラットフォーム
– 画面の解像度
– 画面の色
– 言語
– Java 有効率
– Flash のバージョン
– 接続速度
– ホスト名

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク